March 17, 2006

日本負けた。

 野球で日本がまた韓国に負けた。いつでもどのジャンルでも、空気を読まず日本に立ちはだかる韓国。ウザい。応援も相変わらずキモい。しかし、野球は強いと認めざるを得なかった。投手など選手層もかなり厚いし。

 野球って、北中米と東アジア限定のマイナースポーツなので、今までは「アメリカの次に強いのは日本でしょ」と、ぼんやり思っていたが、今回のWBCで、そんなことはないということがわかってしまった。アメリカでさえも最強じゃないかもしれない。でも、そういうことがわかっただけでも、意義がある大会だったと思う。

 ただ、ベースボールという競技とナショナリズムの相関関係についてはまだ未知数と感じた。一部の国以外は(^^;)

 日本の選手もよくがんばっていたと思うが、報酬も殆どない初めての大会ということで、選手個々によってコンディションや、ひょっとするとモチベーションにバラツキがあると感じた。140試合もやってるリーグ戦と違い、今回のような短期決戦では、ここ一番でそういうのが表れると思う。アメリカの苦戦の原因もそういうところにあるのではないだろうか。
ともあれ選手たちには超いい経験になったと思う。この経験を踏まえて、ペナントレースではがんばって欲しい。

 あと、世界に通用しない見た目(へんな茶髪とか首輪)をやめてくれれば幸いだが、無理だろうなw
代表ユニホームも極めてダサかった。あの筆記体のロゴデザインはなんなんでしょう。ズボンもパジャマみたいに伸ばさないで、昔のようにストッキングをあげてはいて欲しい。

 いわゆる誤審問題での、王監督の一連の紳士的で毅然とした対応は素敵だった。がでてきた。王さんはやっぱり世界の王だ。侍だ。
それに対して、メキシコ戦のときの実況アナウンサー(byテレビ朝日)は、いつまでも二言目にはゴシンゴシンゴシンとうるさく、解説の星野さんがちょっと切れ気味に「まあその話は、もうよしましょうや」と止めてた。
まあ、こういう粘着質な煽動をする愚民がいるから、王さんの偉大さが一層際立つともいえる。

| | Comments (4) | TrackBack (0)