« January 2007 | Main | March 2007 »

February 28, 2007

幸せのちから

  • 実際にあった話ということで、予備知識で結末が大体わかっているだけに、内容がちょっと心配だったけど、そこそこ面白かった。
  • ウィルスミスの演技がうまい。それがこの作品の一番の売りなのかもしれない。
  • 子役も、実の息子を起用したことで、自然でよかった。
  • 80年代のアメリカがいろんな面でよく描かれていてよかった。
  • かなり前にみたので細かい部分が思い出せない。
  • ビデオで見るよりは映画館で見たほうがいいと思うけど、正直ビデオで十分と思う
  • でもビデオでは借りないと思う。

★★☆☆☆

| | Comments (0)

February 20, 2007

東京マラソン

朝、朝ズバにチャンネルを合わせたら、昨日の東京マラソンの話題をやってて、石原都知事がインタビューで、「成功だったと思う」「感動した」などと言っていました。
確かに石原さんだから実現できたのかも、と思いました。
これであと4年は戦える。というところでしょうか。

で、スタジオに映像が戻って、みのさんが「知事!知事!」と呼んだので石原さんと中継結んでるのかと思ったら、宮崎の東国原知事だったのでずっこけました。またこくばるかよ。最近こくばりすぎ。

雨の中、42.195kmを走ったランナーのみなさん、ボランティアのみなさんおつかれさまでした。自分もいつか参加したいです。変な格好で。

| | Comments (0)

February 09, 2007

八百長?捏造?

大相撲ファンとして、今回の八百長騒動には心を痛めております。

大関や横綱が、報道陣(というかワイドショー陣)なんかの無礼な突撃インタビューに答えてる映像を見ると、かわいそうでなりません。(:_;)

相撲協会に民事提訴されたことを受けての、週刊現代のコメントの最後に、こんな一文がある。

>事実が明らかになって、窮地に追い込まれるのは日本相撲協会でないかと考えている。

こんな挑発的な、しかも脅迫じみたことを公式のコメントとして述べるとは。よほど自信があるのか。

「訴えない方がいんじゃない?( ̄ー ̄)」
って言ってるようにもとれるけど、
「訴えないで、今までのように、和解しようよ(´ー`;)」
ってふうにもとれる。うーん。

はるか過去のことはわからないし、確かに八百長といわれてもしょうがないような、いわゆる無気力相撲は今まであったかもしれない(千秋楽に勝ち越しかかってる相手に対して、お情けでわざと負けるとか)。
けど、日本の国技に対して、あたかもほとんどがヤオで、裏金が動いてるというような煽り方には、相撲ファンとして怒りを覚えます。相撲界のためを思って?うそつけ!悪意があるに決まってる。

それほど相撲に興味のなさそうな職業ワイドショーコメンテーターが、よく「大関勢がだらしない」っていうけど、みんな満身創痍でボロボロになりながら必死でがんばってるのに、おのれに何がわかるのかと。本人や関係者は充分感じてるわい。それ以上に横綱が強すぎるんだからしょうがないじゃん、て思います。一時期あった、横綱が弱い状態より今のほうがよっぽどいい。相撲人気がうんたらとか言うワイドショーコメンテーターもいるけど、適当なこというなと。若貴以来ろくに見てないんちゃうか。

日本人力士にがんばって欲しいけど、外国人力士が強いからといって全然嫌じゃない。くやしいけどこれ現実なのよねと、受け止めるしかない。相撲が面白ければ問題ない。

ドーピングの問題や、お金の問題など、相撲界の現状は課題もいろいろあると思うけど、それと今回の煽り記事とは別と考えたいです。

最近、捏造や盗用など、売れるためにはなんでもするというマスコミへの不信が高まってるから、こういう大衆煽動を目的として無責任に個人を誹謗する週刊誌に対しては、断固として争ってほしいです。
過去の板井の件とかは抜きにして、今回の記事だけに対して、徹底的に究明して欲しいです。

裁判沙汰も話題になって部数が売れてウマーみたいに考えてるんでしょうけど。
報道の自由っていうのがあるから全面敗訴はありえないでしょうし。
金の為なら国技をも貶めんとするようだったら、断固制裁して欲しい。

相撲取りより体脂肪率の高そうな、油ギッシュなフリーライターがギャラ貰ってTVにでてて、『記事には自信があります』だって。なんか、いつぞやの民主党の永田さんとかぶって見えます。

| | Comments (0)

February 03, 2007

風林火山

大河ドラマ「風林火山」にはまってます。
もともと戦国オタで、昔は信長の野望を気狂いのようにやってた私ですが、久々に今回はその頃を思い出して、はまりました。

・まず、描写がリアルっぽくてとてもいい。NHKにしてはちょっとグロい場面もあるけど、それが素晴らしい。えらい。

・役者がいい。主役をはじめ、配役が絶妙。脇役陣が渋くて、まさに脇を固めてる感じ。

・バラエティに出てるような、いわゆるタレント俳優がいないのがいい。そして当然だけど、みんな演技がうまい。

・なんといってもサニー千葉の板垣かっこよすぎ!
・ゴリさんも、よーしわかったの人(笑)も渋いし重臣役が似合ってる。
・他にも、あまり普段テレビでみない役者の方たち、みーんなシブカッコイイ。
・開の鬼美濃もかっこいいよ開。
・武田二十四将図が欲しくなった。

・信虎の仲代さんも貫禄あってよろしい。仲代さんは悪者が似合う。

・信玄役の歌舞伎の人にも慣れてきた。いかにも名門っぽくて良い。「孫氏曰く」のセリフにしびれた。これからの成長が楽しみ

・そして、そんな男くさいギラギラした面々の中で、ひときわ輝いてるのが、みつという農民の娘。

・みつ役の貫地谷しほりさんがギザカワユスで、演技も本当にうまいし、セリフもいいし萌えるし、ハングリーな勘助と対照的でいい。
・もう死んでしまって(T_T)もったいない気もするけど、そこがまたいいのかも。

・泥臭い武田に対して、今川の優雅さや、北条のしたたかさや、そして上杉の強さがどう描かれるか、楽しみ。

・上杉謙信役のガクトはちょっと心配だけど、化けることを期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »