« September 2006 | Main | November 2006 »

October 28, 2006

ハムおめでとう

Ham_1 プロ野球で日本ハムが優勝しました。
なんで楽天がセールやってんのか意味わかんないけど、おめでとう日本ハム。新庄選手おつかれさまでした。

でも、第三者的に見ると、なんか一方的な展開だったので、あまり面白くなかったというのが正直なところです。

去年今年と、セリーグのふがいなさが気になります。やっぱりプレーオフの有無は大きいんじゃないでしょうか。いびつなシステムになったものです。

倍率ドンさらに倍みたいな、現行のプレーオフ制度にも首を傾げざるを得ません。

加えて、
・ドーム球場
・ナイター
というのも、第三者(私)が見ててあまり面白くないと感じる原因ではないかと思います。

やっぱり野球は空の下でやるものだと思います。

今のプロ野球の、どこに「野」があるんでしょうか?

熱狂的なホームの応援も、ドーム内に鳴り物がこだまするので気持ち悪いです。
エコー効きすぎの巨大カラオケスナックみたい。悪酔いしそう。

~~~~~

Miso1_1 それはそうと、またサッポロ一番味噌ラーメン食っちゃいました。プリマハムを二枚のせて頂きました。

| | Comments (2) | TrackBack (5)

October 26, 2006

山の子たち(前)

Kami_2  私の一番好きなお話、第45話「山の子たち」
この題名の意味は深いと思います。何度見ても感動します。

長文すぎるので分けて書きます。(それでも長文です)。

●●●●●

 明くる朝、クララが目覚めると、横にハイジはいませんでした。
 ク「ハイジどこへいったの?」
寝坊ばかりのハイジなのに、いったいどういうことでしょう。

ハイジは、昨日ペーターとくわだてた計画を、実行にうつしていたのです。

Pyagiハイジはペーターの家に、ズボンを借りに行きました
(説明:計画(クララがペーターにおんぶされて山の上のお花畑に行く)のためには、クララのスカートでは無理です。ハイジはズボン持ってないので(笑)、ペーターのズボンをクララにはかせようというわけです)。

 ハ『おはようおばさん!』(ペーターは既に出かけています)。
おばさんがペーターのズボンを持ってきてくれる間に、ハイジはおばさんのバケツに水を汲みました(まぁなんて気の利くいい子なんでしょう!)
 ハ『ありがとうおばさん!何に使うかは、後でペーターに聞いてねー!』
ハイジはズボンを持って、急いで家へ向かいました(余談:ハイジはいつも裸足です)

おばあさん『…ブリギッテ、今の声はハイジかい?・・・フランクフルトのお嬢さんが来てから、ハイジは全然来なくなってしまったねぇ~』ペーターのおばあさんは、最近ハイジが来ないので悲しげでした。

~~~~~

ペーターは既に、村のヤギの集合場所の噴水にいました。
ロッテンマイヤーさんが来ないので行ってみると、
 ロ『あらペーターさん(`く´)(声:舟)
 ペ『待ってても来ないからむかえに来たんだよぅ(声:のび太)』
 ロ『今日は結構です』『荷物が多いので村の人に頼みましたから(`く´)』
 ペ『え、(・o・;)じゃあいいの?』
 ロ『ぐずぐずしててもお駄賃は出ませんよ(`く´)』ガチャンドア閉める
 ペ『ちぇー、なんだいあの言いかた』
(でもペーターはお駄賃が気になってたのは否めません)

でもロッテンさんが遅れるのはラッキーです。ロッテンさんが着く前にクララをお花畑へ連れて行っちゃえばいいのですから。
 
『イヤッホー!』ペーターは急いで山を上りました。(withやぎ)

~~~~~

ハイジは、持ってきたズボンをクララにはくように言ったのですが、クララは当然嫌がりました。それもそのはず、クララは今日の計画のことを知らないのです。(ハイジは昨日ペーターと、計画はクララには内緒との約束をしていました)。
ペーターのツギハギだらけの汚いズボンなんて、誰もはきたくないでしょう。ましてやお嬢さんのクララです。クララは逃げまくりました。ハイジは『困ったなー┐(●・へ・●)┌』と、お手上げ状態でした。

 『ピーーーー(指笛)』ペーターが来ました。
ハイジはペーターと相談して、とうとう計画のことをクララに打ち明けました。すると、
 ク『うわーうれしい、でも私重いのよ』
 ペ『大丈夫だよへっちゃらさー』ハ『そうよペーター強いんだからー』
 ク『ありがとうペーター、私ズボンをはくわ!』クララが、ズボンをはきました!クララがはいた!

おんじも、計画がペーターの発案だったのを聞いて、『そうか、えらいぞ大将!』と誉めてくれました。

クララはペーターにおぶさりました。
 ク『大丈夫ペーター?』
 
ペ『かるいかるーい!』
 ハ『うわーい!』

 おんじ『ペーター、決して無理するんじゃないぞ』 『万一のことがあったらわしを呼びに来るんだ、いいな』 『これがペーターの弁当だ、力がつくように干し肉を入れといた』
 
ペ『ありがとうおんじ!』
 おんじ『さあクララ、お花畑で思いっきり山の空気をすっておいで』

 ハ・ク・ペ『いってきまーす!』 3人は元気よく出発しました。(withやぎ)
クララにとって初めての、子供だけでの冒険の始まりです。ハイジとペーターにとっても、かけがえの無い経験になるでしょう!

~~~~~

Dq3  おんじ『おいヨーゼフ、今日はお前も行ってヤギの番を手伝ってくれ』
 ヨ『ふあ~~(お約束のあくび)、ワン!(うん!)
ヨーゼフは3人を追って走り出しました。(ヨーゼフははっきり言ってハイジより役に立ちます)。子どもたちにとって、頼もしい仲間が加わりました。これでドラクエⅢです。

(後半に続く)(実際の話もちょうどCMです)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2006

【哀悼】藤岡琢也さん死去【大吉】

俳優の藤岡琢也さんが亡くなりました。えー!という感じです。

芦屋雁之助さんが亡くなったときと同じ衝撃と、悲しさです。

藤岡さんはNHKの終戦60年番組で、終戦当時陸軍士官学校所属で、みんなで切腹しようとしたら上官に止められたなどというエピソードを、目に涙ためて語ってました。

Miso 昨夜は、大好きなサッポロ一番みそラーメン5食パックの中から2つ取り出して、ダブルで食べました。合掌。

psつゆは残しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2006

CD借りた

Zansaian

私はコッコが好きです。

それは、たまごなのかケーキなのかあいまいな食べ物ではなく、トッピングで結局1000円くらいになるカレー店でもありません。エロイ香水でもありません。

ツタヤで偶然目に入ったCoccoのCDを借りました。久しぶりに聞いたのですが、とてもよかったです。ipodに注入しました。

(元々借りようとしてた、クリスタルキングのベストCDは、あったんだけど借りませんでした。同じカ行にコッコがあったので目移りしてしまいました。すまんクリスタルキング)

King_2 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 12, 2006

続・猿の惑星

ついに北朝鮮が核実験をやらかしました。まったく、地球の平和を乱しやがって。

戦隊物にでてくる悪の組織みたいなやつらですね。

さらに驚いたのは、北朝鮮の国連大使がインタビューに答えて、
 「まことに喜ばしいこと」
 「今日は記念すべき日だ」
 「お前らも祝福するべきだ」
などと、ニヤニヤしながら口走ったことです。

・・・もうなんというか、呆れてしまいます。

そこで思い出したのが、昔見た映画、「続・猿の惑星」です。

Apes 「続・猿の惑星」は、「猿の惑星」と「新・猿の惑星」の間に隠れて地味ですが、実はかなり面白いんです。
あのおどろおどろしい楳図かずお的な恐ろしさインパクトは、1stにひけをとりません。
この2作に比べれば、「新」以降はかざりみたいなもんです。偉い人にはそれがわからんのです。

~~~~~

猿の社会の代々の掟であり、決して足を踏みいれてはいけない「禁断の地」には、実は人間がいました。洞窟のなかにひっそりと。

それも、猿の世界にいるような知能の遅れた人間wではなく、言葉もしゃべれるし、それどころか、変なバビル2世のような超能力が使える、新人類です。

その人間たちが崇拝しているのが、「核」です。

教会のなかに、神父さんがいて、パイプオルガンがあって、みんなで賛美歌を歌います。最後に中央の祭壇にジャジャーンとでてくるのが、なんと核ミサイルです。

そして、その核ミサイルに向かって、皆が素顔をさらけ出します。賛美歌のBGMの中、ベリベリっと人間の顔のマスクをはがします。すると、みんなお化けみたいな気持ち悪い顔をしているのです。

僕は小学生のころ、これを見て、リアルにおしっこちびりそうになりました。

~~~~~

こんなSFの世界の話が、現実にあるとは。。。核兵器をありがたみ、崇拝するとは。なんと愚かで、恥ずかしい奴らなんでしょう。

金正日もいろいろ事情があるというんでしょう。
でも違いますよ、あなたみたいなドキュンな国のおかげで、世界に平和が訪れないんです。わかりますか?あなたみたいなドキュンな国のおかげで・・・!

・・・すみません、取り乱しました。後は国連の制裁に任せましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »